コラム
トップページ > コラム一覧 > そけいヘルニアの手術の種類について

そけいヘルニアの手術の種類について

腹腔鏡下修復術とは

そけいヘルニアは、薬を飲んでもバンドで押さえても治りません。
また、一度発症すると、お腹を鍛えても治らないため、基本的には手術を行います。
お腹にメスを入れ、全身麻酔が必要になる可能性があるなど怖いイメージや不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、最近では日帰り手術が可能になり、入院が必要な場合でも短期間で済むケースもあります。
安心してそけいヘルニアを治療するために、手術の種類について知っておきましょう。
種類は大きく分けると主に2つです。
1つは、腹腔鏡下修復術です。
これは、お腹に3箇所の小さな穴を開けてカメラと器具を挿入し、映像を見ながら行うもので、腹膜と筋肉の間に補強材とメッシュを入れて固定します。
メリットは傷が小さく目立たないことなどが挙げられますが、全身麻酔が必要となり、オペの時間が長いことと入院が必要になることがデメリットです。また稀ですが、腸閉塞などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

鼠径部切開法について

もう一つは鼠径部切開法です。
この方法は様々な種類があり、医療技術とともに変化してきています。
はじめに行われていたのは従来法といって、鼠径管の入り口を縫って縮め、筋膜を縫い合わせて補強する方法です。
しかし、縫い合わせたところが、つっぱったり裂けて再発したり、痛みがあるなどのデメリットがありました。
また、術後は1週間程度の入院が必要なので、現在ではほとんど行われていません。
そこで登場したのがメッシュ法です。
脱腸する筋膜の弱い部分に人工補強材を入れるもので、オペ時間も短いです。
しかし、これも違和感や再発する可能性があります。
次に出てきたのはクーゲル法やオンステップ法などの筋膜の下にメッシュを置く方法です。この方法は術後の違和感や再発が極めて少なく、安全に日帰り手術が可能な修復法です。
手術方法は医療機関によって異なり、症状の進行具合によっても変わってくるでしょう。
まずは、受診をして、どのような方法が自分に適切かどうかを判断してもらう必要があります。
術後はすぐに復帰したい、再発リスクをできるだけ軽減したいなどの要望を伝えつつ、自分にあった手術方法でそけいヘルニアを治療していくことが大切です。