コラム
トップページ > コラム一覧 > そけいヘルニアの安全で快適な日帰り手術

そけいヘルニアの安全で快適な日帰り手術

お腹の膜や腸がそけい部からでる病気

ヘルニアという病気や症状を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
ヘルニアは、正しい位置からはみ出した状態を言います。
ヘルニアと聞くと椎間板ヘルニアが代表的ですが、他の部位にも発症することがあります。
例えば、そけい部です。
そけい部は太ももや足の付け根の部分を指します。
そけいヘルニアは脱腸とも言われており、本来お腹の中にあるべき腹膜や腸の一部がそけい部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。 お腹から腹膜や腸が脱出するため、脱腸とも呼ばれています。
太ももや足の付け根から何か出てくる感じがある人は、そけいヘルニアかもしれません。
子どもから大人まで発症する可能性がある病気であるため、注意しなければなりません。
そけいヘルニアの治療法は手術しかありませんが、小切開手術が一番安全で費用がかからず日帰り手術も可能です。
症状が悪化する前に、日帰り手術で治療してみてはいかがでしょうか。

日帰り手術について

そけいヘルニアの一般的な症状は、お腹に力が入った時にそけい部の皮膚の下に腹膜や腸が出てきて腫れてしまうことですが、初期症状であれば指で押さえると引っ込みます。
しかし、進行すると臓器が出てきてしまうため、痛みを感じるようになります。
次第に、腫れが硬くなり、押さえても引っ込まなくなり、嵌頓(かんとん)という状態を起こします。
腸管が嵌頓すると痛みや嘔吐といった症状が出てくるため、緊急で手術しなければなりません。
そうなる前に治療しておくことが大切です。
しかし、手術に対して抵抗がある人も多いのではないでしょうか。
一番安全に手術ができるのは、小切開手術での治療です。
できるだけ切開を小さくして、筋肉のゆるい部分にメッシュ(ポリプロピレンのネット状のシート)を当ててふさぐ手術です。
痛みも少なく治りが早いため、日帰り手術でそけいヘルニアを治療することができるのです。
通常の病院では5cmのキズになることが多いですが、当院では2cmのキズで出来ますので痛みも最小限でキズも目立ちません。
症状が悪化する前に、日帰り手術を検討してみてはいかがでしょうか。