コラム
トップページ > コラム一覧 > そけいヘルニアの3つの分類とは

そけいヘルニアの3つの分類とは

3つのタイプに分けられる

そけいヘルニアは、腸や内臓脂肪がお腹の筋肉の隙間から皮膚の下まで飛び出してく る病気ですが、3つに分類することができます。
また、腸は小腸がほとんどですが、稀に大腸も脱出することがあります。
そけいヘルニアの疑いがある人は、自分がどれに分類されるかチェックしてみてくだ さい。
医師に診てもらわなければ正しく判断することはできませんが、知識として身につけ ておくことも大切なことです。
3つの分類のうち1つは、間接型です。
これは外鼠径ヘルニアと呼ばれるもので、そけいヘルニアを患った人のほとんどが間 接型です。
幼児だけでなく成人も発症します。
ヘルニアの出口が鼠径部の少し外側なのが特徴です。
内鼠径輪から外へ飛び出してきますが、最初は少しずつ大きくなり、陰嚢まで発展し てくる可能性があります。
一般的な種類ですが、悪化する前に治療を受けることが重要です。

男性がかかりやすいものと女性がなりやすいもの

2つ目は間接型より内側の内鼠径ヘルニアで、直接型とも言われています。
これは内鼠径輪より内側の鼠径三角という場所から飛び出してくるのが特徴です。
加齢や生活習慣によって組織が弱くなるのが原因だとされています。
また、中年以降でも男性に多い傾向にあり、放置するとどんどん膨れ上がって手術も 難しくなるため注意しなければなりません。
3つ目は大腿ヘルニアです。
これは女性に多い傾向にあり、特に多産で高齢の女性に多くみられます。
名前の通り、鼠径部の下の太ももが膨らみ、足への血管の脇へはみ出すのが特徴です 。
外鼠径ヘルニアよりも、かんとんを起こしやすいタイプであるため、早急に治療をし なければなりません。
さらに、他のタイプと合併する危険性もあります。
このように3つの種類がありますが、膨らむ場所がそれぞれ異なります。

どの種類も早期発見、早期治療が大切であるため、違和感があったときは放置せずに 医師に診てもらってください。
初期でなくても日帰りで治療を受けることも可能です。
基本的には手術をしなければならず、不安になるものですが手遅れになる前に、治す ことが重要です。