コラム
トップページ > コラム

そけいヘルニアについて

そけいヘルニアと聞いたことがない人でも、脱腸といえば耳にしたことがあるでしょう。
そけいヘルニアとは脱腸のことです。
ヘルニアのイメージは、腰痛を思い浮かべる人が多いですが、ヘルニアとは体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。
そけいヘルニアは、お腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、皮膚の下に出てくる病気です。
はじめは皮膚に違和感がありますが、特に痛みは感じないので軽く考えがちです。
また、先天的な要因が多いとされている乳幼児や運動不足などの体の組織が弱くなることが要因とされる高齢者まで、誰もがかかる可能性があります。
現在では、日帰り手術で治すことができるので、そけいヘルニアについて知っておきましょう。

そけいヘルニアの治療法は手術しかありませんが、痛みが少なく日帰り手術も可能です。進行すると、痛みや嘔吐といった症状が出てます。症状が悪化する前に日帰り手術で治療しましょう。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアは初期症状であれば痛みなどはありません。立った時やお腹に力入った時に、そけい部の皮膚の下から柔らかい腫れが出てきます。進行する前に治療することが大切です。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアになりやすい人には特徴があります。一般的に、そけいヘルニアになりやすいのは女性よりも男性です。男性の方がそけい部が弱いつくりになっているため、発症しやすいです。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアになる原因は、筋肉や筋膜が弱くなってしまうことが挙げられます。また、そけいヘルニアには3つのタイプがあるため、タイプを見極めて適切な治療を行うことが大切です。

・・・つづきはこちら

近年、手軽にそけいヘルニアを治すことができるようになりました。そけいヘルニアの手術費用の相場は、12000円から80000円ですが、麻酔や入院の有無によって異なります。

・・・つづきはこちら

加齢が原因でそけいヘルニアが発症しますが、職業が原因になることもあります。重い物を扱うことが多い職業や営業、立ち仕事などお腹に力が入りやすい職業は発症する可能性が高いです。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアは治療をすることで治る病気ですが、再発する可能性もあります。再発の確率は手術方法で異なります。また、手術をしても再発リスクはゼロにはならないため、対策が欠かせません。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアは大人、子ども関係なく発症しますが、原因や種類に違いがあります。どちらも早期に治療することが大切です。幼児は訴えることができないため、保護者が気づいてあげましょう。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアは治療が遅れると命に関わることもあり、危険です。前兆を見逃さないように注意してください。異変があった場合は症状が進行する前に手術を受けることが大切です。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアには、発症しやすい環境というものがあります。気づかないうちにその環境の中で長く生活を続けていると、誰にでも症状が出る可能性があるため注意しなければなりません。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアの痛みは、初期であればひきつるような軽い痛みですが、進行すると歩くこともできないほどになります。悪化すると命に関わるため早期治療が大切です。基本的には手術です。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアの治療方法は、手術以外にありません。バンドを巻く方法は治療ではなくただ押さえているだけであるため、それを外すと再び脱腸します。症状が軽いうちであれば日帰りも可能です。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアは、お腹に力が入った時に症状が出ます。そけいヘルニアを悪化させないように気をつけることは放置はもちろん、お腹に力を入れないようにすることです。日常でも注意しましょう。

・・・つづきはこちら

そけいヘルニアは基本的には手術をしなければ治りません。安心して、そけいヘルニアを治療するために、手術の種類について知っておきましょう。種類は大きく分けると主に2つの方法があります。

・・・つづきはこちら