コラム
トップページ > コラム一覧 > そけいヘルニアは再発する?再発情報と対策とは?

そけいヘルニアは再発する?再発情報と対策とは?

手術方法で異なる再発の確率

そけいヘルニアは治療をすることで完治が期待できる病気ですが、再発する可能性もあります。
全ての人が再発するというわけではありませんが、手術方法や体への負担によって再発率が異なるため、これからそけいヘルニアの治療を受けようと考えている人は、対策が欠かせません。
再発する可能性がある手術方法は、破れた筋膜を縫い合わせる方法です。
この方法は、これまで用いられてきた手術方法の一つで、弱くなっている筋膜が再び裂けてそけいヘルニアが再発します。
再発の確率は約10%ですが、これよりもかなり低い確率で行える手術方法があります。
それは、メッシュ法です。
メッシュ法を用いた手術を受けて再発対策をしましょう。
メッシュ法というのはメッシュで筋膜の穴を覆う方法で、現在、そけいヘルニアの手術方法で用いられることが多い方法です。

再発リスクを下げるために

再発する確率が低い手術方法もありますが、必ず再発しないというわけではありません。
再発すると、治療前のように、そけい部が膨らんでくることや痛みが出ます。
一度、手術をしたからといって安心してはいけません。
手術後の対策を自身で心がけることが大切です。
そけいヘルニアは、腹圧が上昇するのが原因で発生するため、余計な力がお腹にかからないように気をつけなければなりません。
重いものを持ったり、立ち続けたりする作業が続くと、腹圧が上昇するため、できるだけ控えましょう。
また、中には筋力が低下したのが原因でそけいヘルニアになったため、筋トレをして予防しようと考える人も少なくありません。
しかし、過剰な筋トレは腹圧の上昇を招きます。
対策のためにやっていたことが原因で余計にそけいヘルニアが再発することがあるため、医師と相談しながら筋トレをしてください。
他にも喫煙、肥満なども、そけいヘルニアの原因となります。
再発のリスクを少しでも下げるために、禁煙や適切な方法で減量するなど生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。