脱腸・そけいヘルニア
トップページ > 脱腸・そけいヘルニア
当院では只今、【秋からの診察・手術】をご希望の方を受付中です。個々の方の休暇に併せて手術予定をコーディネートいたします。当院は【土曜・祝日】も診療しております。普段忙しくて手術を受けられない方も是非お問い合わせください。

そけいヘルニア日帰り手術実績 1,141(平成26年5月~平成28年10月)

当院では最新のメッシュを用いたそけいヘルニア(脱腸)の日帰り手術を行っています。

脱腸・そけいヘルニアとは

脱腸・そけいヘルニアとは

そけいヘルニア(鼠径ヘルニア・脱腸)とは、お腹の筋肉の弱いところから腸が腹膜と共に皮膚の内側に出てしまう病気です。病気では有りますが、良性疾患ですので早期に治療を行えば何も恐れることはありません。

その筋肉の弱いところ、つまり外に出るところが鼠径(そけい)部と呼ばれるために鼠径ヘルニアと言います。
そけいヘルニアは、男性に多く見られます。この鼠径部が弱いのは女性より男性が多い為です。先天的に弱い人で中高年になってヘルニアを発症するケースが多いためです。

そけいヘルニア外部図

そけいヘルニア外部図

そけいヘルニア内部断面図

そけいヘルニア内部断面図

こんな症状があったら「そけいヘルニア」の可能性があります。

  • 下腹部やももの付け根に膨らみがある
  • 仰向けになったり、押したりすると膨らみが戻る
  • お腹に力を入れた時に下腹部が痛む
  • 長時間立っていると下腹部に違和感が出てくる
  • 男性の場合、陰嚢が片方だけ大きくなってきた