下肢静脈瘤
トップページ > 下肢静脈瘤
当院では只今、【秋からの診察・手術】をご希望の方を受付中です。をご希望の方を受付中です。個々の方の休暇に併せて手術予定をコーディネートいたします。当院は【土曜・祝日】も診療しております。普段忙しくて手術を受けられない方も是非お問い合わせください。

下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤とは、足の静脈の弁が壊れる事で血液が血管内に滞留して膨らみ、コブのようになる病気です。 ふくらはぎの静脈がボコボコと膨らみ、見た目で下肢静脈瘤と判断できます。また、細かい血管が浮き出てくるような種類の静脈瘤もあります。
痛みを伴わずそのままにされている方も居られますが、時間と共に進行していく病気ですので、注意が必要です。

東京デイサージェリークリニックは東京駅から徒歩4分、日本橋駅から徒歩1分
経験豊富な当院の医師が下肢静脈瘤を最新レーザーで治療します。
東京デイサージェリークリニックでは、休暇中の診察・手術を受付中です。

こんな症状があったら「下肢静脈瘤」の可能性があります。

  • 1日8時間以上の立ち仕事である
  • 足がだるい・重い・むくむ・つる
  • 朝よりも夕方の方が足がつらい
  • 血管が浮き出て見える・ボコボコ膨らんでいる
  • 膨らんでいた部位が赤く腫れて痛い
  • 皮膚が茶色くなっている
  • 皮膚が湿疹でかゆい
  • 皮膚に穴があき潰瘍になっている

下肢静脈瘤が起こる原因

足の血管には、血液を心臓に送るために重要な弁が付いています。血管内の弁は、血液の逆流を防ぐ機能があります。
静脈瘤は、この血管内の弁が壊れる事で足の血管内に血液が溜まってしまうことで血管が膨らみ、コブのようになります。

原因説明図1

足の静脈には弁が付いており、逆流を防ぐ機能があります。

原因説明図2

静脈の弁が正常に機能すると、血流は心臓に向かって戻る事無く進みます。

原因説明図3

大きな静脈からも弁が壊れた静脈に血液が流れ込み、足の先に近い血管内に血液が溜まります。

下肢静脈瘤の症状

●足がだるい・痛い・重い、むくむ、痒い、寝ているときに足がつる。
●血管がボコボコ膨れている、血管が浮き出て見える。
●静脈の周囲が痛みを伴う炎症を起こす。
●皮膚が茶色に変色してくる。
●皮膚が湿疹でボロボロになり出血を起こす。
●皮膚に穴があき潰瘍になる。

静脈瘤の種類

伏在型静脈瘤

伏在型静脈瘤

足の表面近くにある静脈のうち、幹となる太い血管が「伏在静脈」です。太ももの静脈の弁が壊れることで、膝から下の静脈がこぶのように拡張した状態を伏在静脈瘤といいます。

分枝型静脈瘤

分枝型静脈瘤

伏在静脈より枝分かれした先の静脈が、こぶのように拡張した静脈瘤を分岐型静脈瘤と呼びます。比較的、膝から下の部分に見られます。

網目状静脈瘤

網目状静脈瘤

直径 2~3mm の、小さな静脈の拡張が網目のように拡張して皮膚の表面に近いので血液の色が青く透けて見えます。
太ももの外側から後面膝の裏側などに症状が出ることが多くなります。

クモの巣状静脈瘤

クモの巣状静脈瘤

皮膚の表面(表皮)の下の、直径0.1~1.0mmの細い血管が拡張したものです。
盛り上がることは少なく、赤紫色に見えるます。

下肢静脈瘤になりやすい方

女性に多いです。加齢と共に多くなります。立ち仕事が多い(生活習慣)方。(調理師さん、美容師さん)
妊娠・出産・遺伝も関係すると言われています。